インターンシップがある学校

インターンシップがある学校

インターンシップがある学校 オリンピックや万博などの誘致によって日本国内では、土木と建築部門で施工ラッシュが続いています。また、地球温暖化を発端とする夏期の猛暑から小中学校の普通教室へのエアコン設置工事が、文部科学省からの補助金の補正予算が臨時国会で可決したこともあり、急激に増えてもいます。
土木や建設業では人と物とお金の三要素が不可欠です。建設作業員は、キツイ・汚い・危険のいわゆる3Kと認識されていることもあり年々減少と高齢化が進んでいます。建設に必要な資材は施工ラッシュにより業者間の奪い合いがある事例も報告されていて、建設の元手となる資金は国などの補助金が充当されて潤っています。
建設業界での喫緊の課題は、建設に従事する人材の確保です。現場作業員はもちろんのこと、施工管理を行う技術者も一人でも多く雇いたいというのが業界の本音です。次代の建設業界を担う若い技術者を育成する建築学校は、需要の減少で業績が先細っている他の業界とは異なり、伸びが期待できる唯一の業界である建設業界を支える人材を育てる場所です。机上の学習だけでなく、実際に工事現場を体験するインターンシップを積極的に取り入れた建築学校も多く、建設業界からも注目されています。

入試面接に良く聞かれる質問や対応のコツ

入試面接に良く聞かれる質問や対応のコツ 建築学校などの専門学校の入試では面接試験が行なわれます。面接と言うとそれだけで緊張してしまいますが、事前に建築学校などの専門学校でよく聞かれる質問やその対応のコツや注意点などを知っておくと、随分楽に臨むことが出来るのではないのでしょうか。
具体的によくされる質問としては、自分の長所・短所・趣味・自己PRなど受験者本人に関することがあります。次に、志望動機やこの専門学校を選んだ理由などがあり、その職業を目指そう思った理由やどんな建築家などになりたいかといった質問もされます。こうしたされるであろう質問に対する自分なりの答えをまとめておくと、頭が整理され当日もそれ程緊張することなく対応出来そうです。
また、身だしなみを整えることや、ゆっくりと落ち着いてハキハキとした受け答えをすることや、入退室の際のお辞儀を含めた礼儀正しい振る舞いをすることも心掛けたいものです。その他、質問を含め人の話をしっかり聞いてからその趣旨を吟味して答えたり、自分の良くない口癖を気を付けることも忘れないようにしましょう。