就職に活かせる!建築学校

建築学校で学んだことを就職の面接で生かしていく

建築学校で学んだことを就職の面接で生かしていく 戦後焼け野原になった日本においてわずか数十年で近代国家への変貌を遂げたその背景には高度経済成長を支えてきた建築業界の活躍は見過ごせない大きな存在です。
経済活動が発達する際にも、人々が快適な生活を行う際にも必ずその環境を整える為の建築が行われます。
人々の生活には欠かせないこの業界で活躍していくために、建築学校に入学して専門的な知識や技術を習得してから社会人の一歩を踏み出そうと考える人もたくさんいるのです。
一言で建築学校と言ってもその種類も学べる科目も非常に多岐にわたります。
選んだ学校によって取得できる国家試験の受験資格や知識、技術などに違いが出てくるために、自分が将来どの様な環境でどの様に働いていきたいかのビジョンを持って学校を選ぶ事が大切になります。
また、建築学校で学んだことを就職活動の面接で活かしていくためには、入学前に自分自身が持っていた将来のビジョンとそれを踏まえて自分が学校でどのような事を学んできたかを具体的に説明できることが大切です。
学科や課題の中で取り組んできた具体的な研究テーマなどを説明できれば、なおのこと学校で身に着けてきた技術や考えがきちんと企業にも伝わりやすくなるのです。

建築学校を卒業後、就職活動は履歴書と同じくらい大きなツールがある

建築学校を卒業後、就職活動は履歴書と同じくらい大きなツールがある 自分のやりたいことが見つかれば納得がいくまで頑張り続けることは人生の中で素晴らしい生き方です。
夢や目標には様々な職業がありますが、その中の一つに建築があります。
建築学校で専門知識を学び卒業をします。
就職活動は履歴書を送り面接を何度かするイメージですが設計事務所は少し違います。
忙しくなる時期に募集をするので一般的な4月に面接をし、就職が出来るわけではありません。
採用の流れはまず書類選考、面接、採用という流れになります。
基本的な流れは一般的な流れと同じですが履歴書と同じくらい大切な大きなツール、ポートフォリオが設計事務所にはあります。
ポートフォリオとは作品集の事をいいます。
設計能力の高い人材が必要になりますので、実際にどれだけ実務をわかっているか、知識の確認とどのような設計が出来るかを見るためにもポートフォリオで確認をする必要があります。
建築学校で学んできたことを生かし自分の能力をアピールするためにも大切なツールです。