就職に活かせる!建築学校

夜間対応の建築学校について。就職もしっかりとサポートしてくれます。

夜間対応の建築学校について。就職もしっかりとサポートしてくれます。 建築については以前から関心があったにもかかわらず、違う道を選んでしまったとの思いのある方や将来に備えて確かなスキルを身に着けたいとお考えの方に一度考えてほしいのが建築学校です。
しかし、実際の通学を考えると社会人との両立はむずかしいのではないかとの心配もでてくるとは思いますが、夜間の建築学校であればこの点もクリアできるはずです。
夜間の建築学校は、時間的な制約がないため、仕事との両立(学生のダブルスクールなども含みます)にもぴったりなのではないでしょうか。
もちろん授業の始まる時間はそれぞれの建築学校ごとに違いはありますが、学校の立地などの条件が合えば、会社帰りにそのまま通学することもできると思います。
建築学校で学ぶことは、建築士になるための勉強に限定されているわけではありません。
インテリアコーディネーターや福祉住環境コーディネーターとして活躍するためのスキルや知識も学ぶことができます。
コンピュータによる積算なども現場では求められることの多いスキルだと思います。
卒業後に転職を考えている方でも、就職までしっかりとサポートしてくれる夜間学校もあります。
まずは、複数の学校の資料請求からスタートしてみてはどうでしょうか。

夜間を割いて建築学校で学習することで就職にも役立たせることも可能

夜間を割いて建築学校で学習することで就職にも役立たせることも可能 建築学校は、人々の生活にも欠かすことができない住まいのことを学習することが可能な学校です。
建築に関しての理論や知識は当然、製図などの実務レベルのことも学校で学習することもでき、卒業するのと同時に建築士などの試験の受験資格が付与されます。
学習を希望される方は学生の他に、社会人も多く、キャリアアップの他に資格取得を目指して学習しています。
近年は住まい関連の仕事の求人も多いため、そういった求人応募でも有利に働くことも多いです。
なお建築士は国家試験となり、それに合格することで単なるキャリアアップだけでなく、本格的な就職にも有利となります。
例えば大手ゼネコンを始め、住宅メーカー・設計事務所・工務店などの住まいに関連した会社に就職が可能です。
建築学校では夜間の時間帯を割いて学習するパターンとなるため、昼間の学校と共にダブルスクールとして活用したり、仕事帰りに立ち寄って学習することもできます。
夜間の建築学校で学習する上では、駅に近いなど通う上でも通いやすい場所に学校が存在することを重要とします。
期間も2年間のカリキュラムで行う流れになりますが、18:00~21:00までをベースに学習する時間割で、時間を有効活用しながら学習できるメリットもあります。

建築関連情報

未経験でもプロになれる建築設計の学校